魚町商店街雨漏り処置工事

雨漏りの場所を特定するために水をかけている様子

今回は小倉北区にある魚町商店街の工事を紹介します。

魚町商店街は建物と建物の距離が近く、工事が行いにくい場所です。

これまでは雨漏りが起こるたびに、他の業者に頼んで簡単な応急処置で対応してきたそうです。

しかし、簡単な応急処置の積み重なりにより、どこが今回の雨漏りの原因となっているのか探すのが難しくなっていました。

 

 

そこで、今回は、雨漏りの場所を探すことからスタートです。

雨漏りの原因となっていそうな範囲に水をかけ、どこから水が出てくるかを見て、雨漏りの場所を特定します。

特定を行わない場所はシートで覆い、水がかからないようにします。

ビニールシートで覆った窓

雨漏り場所の特定は下から上に行っていきます。

こうすることで、ある範囲だけの調査が行え、雨漏りの特定がしやすくなります。

雨漏りの場所を特定するために水をかけている様子

 

 

そのようにして、今回の雨漏りの場所を特定しました。

穴から雨漏れしている様子

雨漏りの原因となっていた箇所は、コーキングを行い、処置をしました。

雨漏り箇所のコーキング 途中経過

雨漏り箇所のコーキング 完成

また、ガラスのひび割れにもコーキングを行い雨漏りの処置を行いました。

窓ガラスのひび割れ

窓ガラスのコーキング 途中経過

窓ガラスのコーキング 完成

建物が密集し、雨漏り箇所が特定しにくい場所にも伺います!

雨漏れの調査は、晴れの日におまかせ下さい☀