竪樋雨漏り処置

防水塗装後のベランダ

今回は小倉南区に住む、雨漏りに困っていたお客様からのご依頼です。

1階のベランダから軒天を見上げると、竪樋の周りから水が漏れて軒天が腐食していました。

腐食した1階の軒天

 

2階のベランダの床と竪樋の落とし口との隙間から水が侵入し、しみ込むことで、1階の軒天が腐食していました。

 

お客様自身でエアコンのドレンホースや他の竪樋から出てくる水が直接落とし口に流れるようにしたり、落とし口の周りをテープで覆うなどして処置はされていたそうですが、床への直接の水の侵入は防ぐことができず…

樋の口に直接水が入るようにペットボトルやホースの口を樋に入れている様子

 

 

そこで今回は、樋と床の隙間の水の侵入経路をふさぐ工事を行います。

テープを剥がした樋の様子

まず、処置のために貼っていたテープを外します。

そして、樋と床との隙間をなくすため、樋の周りから樋の内側にかけて防水塗装を行います。

また、ゴミよけのカバーであるストレーナーを付け、工事完了です。

防水塗装後のベランダ

隙間が埋まったことで、水が床にしみ込むことがなくなりました!