門司区板金取り換え工事

工事後の瓦屋根

今回は北九州市門司区にある住宅の屋根の板金の取り換え工事です。

屋根の谷部分です。

工事前の屋根の谷

近くに寄ってみると、小さな黒い穴がいくつかあるのが分かります。

銅板金の小さな穴①

銅板金の小さな穴②

 

 

これは酸性雨が降ったことで空いた穴です。

現時点では雨漏りはしていませんが、今回はこの穴が開いた銅板金を取り換えます。

 

 

まずは板金周辺の瓦と板金を取ります。

瓦と板金を取った屋根

そしてルーフィングを敷いた後にカラーステンレスの板金を重ねます。

ルーフィングを敷いた屋根

ステンレス板金を敷いた屋根

瓦を復旧し、棟の漆喰は塗り直します。

瓦を並べて工事が完成した屋根

瓦を取る際に切っていた瓦の暴れ止めコーキングを打ち直して、瓦の並びが乱れることを防ぎます。

下の写真で白っぽく塗ってあるところが、コーキングを打ったところです。

瓦のコーキング

 

 

 

 

 

 

下の写真のように漆喰がはがれているところが数か所あり、板金の取り換えと一緒に漆喰も塗り直した方が良いのではないかとお客様が悩んでおられました。

はがれた漆喰

しかし、現時点で雨漏りしているわけではありません。また、漆喰を塗り替えるとなると大きな費用がかかります。そこで、十数年後に瓦を変えるときに漆喰を塗り直すことを提案させていただきました。

このようにお客様からこうしたい!という要望があったときでも、余計な費用がかかる工事になってしまわないか、それが最善の策なのかを考え、提案をさせて頂いています。

お客様にとって最善の提案をすることにより弊社の信頼にもつながっています!

屋根でお困りのことがあればお気軽にご相談ください!