O様邸 カバー工法

完成したガルバリウム鋼板屋根

今回はアスファルトシングル屋根のリフォーム工事です。

アスファルトシングルという屋根材は強風に弱いため、シートが剥がれ、シートをとめている釘が露出していました。

釘が露出している屋根の表面

 

今回は「これ以上シートが剥がれると危険なので、早く処理してほしい」というお客様のご依頼に沿うよう、工期が短いカバー工法で屋根をリフォームすることにしました。

また、カバー工法では既存の屋根を撤去しないため、既存の屋根材にかかる解体費用や処理費用がかからず、費用を抑えることもできます。

 

カバー工法では、軽量かつ耐用年数の長いガルバリウム鋼板を主に使用します。

 

 

はじめに、既存の屋根材の上にルーフィングを敷いて防水処理を行います。

ルーフィングを敷く様子

そして、その上からガルバリウム鋼板の屋根材を取り付けていきます。

今回は、屋根材には優れた耐熱性と遮熱性を持つ「スーパーガルテクト」を使用しました。

スーパーガルテクトを取り付ける様子

全部敷き終わるときれいなガルバリウム鋼板の屋根が出来上がりました。

完成したスーパーガルテクトの屋根

 

 

次に、もう一つのご依頼である樋の補修を行いました。

下の写真で樋の継手部分に隙間ができているのが分かります。

樋の継手部分の隙間

外れかけている部分の周辺ごと切り取り、新しい樋を下から付けて補修しました。

補修し終わった樋

 

きれいな屋根に生まれ変わったとともに、外れかけていた樋の心配もなくなりました!