コロニアル屋根雨漏り対策工事

完成した屋根

今回のお客様はこの北九州屋根プロのホームページを見て依頼してくださりました。

これまでも他の業者に雨漏りの修理を頼んだ事があるそうですが、直らず…

雨漏りが続いていたそうです。

 

依頼地に向かい、雨漏りしている箇所を教えてもらいました。教えてもらった雨漏りの箇所以外からも以前漏れていたことなどを診断し、依頼箇所以外にも気づくことで信頼していただけました。

元の屋根はこのようなコロニアル屋根でした。

元のコロニアル屋根

棟の部分に、台風などの風によって緩み、飛び出している釘がありました。

棟の釘が飛び出している様子

雨漏り対策としてはすぐに屋根全体を変える必要はありませんでしたが、このように緩んでいる釘もあることから、屋根全体の工事を行うことに。

 

 

今回の屋根は元々がコロニアルで軽い屋根材だったので、カバー工法で上から新しい屋根材を取り付けてもそこまで重くならないことから、カバー工法で工事を行うことにしました。

上に取り付ける新しい屋根にはスーパーガルテクトという軽くて断熱性を持つ素材を使います。

今回使用するスーパーガルテクトが入った段ボール

既存の屋根の上にルーフィングを敷いて、その上からスーパーガルテクトを張っていきます。

この写真では既存の屋根とルーフィング、スーパーガルテクトを張っている様子を見ることができます。

既存の屋根にルーフィングとスーパーガルテクトを張っている様子

飛び出した釘が目立っていた棟は、新しく貫板を作りました。

新しい棟を工事している様子

屋根全体に屋根材を張り終わり、きれいな緑色の屋根になりました。

見た目も雨漏り対策もばっちりの屋根になりました。

スーパーガルテクトを張り終わり、新しくなった屋根

 

今回行ったカバー工法は既存の屋根材の上から重ねて新しい屋根材を取り付けるので解体費用がかからず、廃材が出ないので廃材処理費用も抑えることができます。

また、急こう配の屋根でない限り足場を組まなくても工事をできるので、足場を組む費用を抑えることもできます。

 

雨漏り工事には自信があります!!

皆様、ご気軽にご相談ください( ^ ^ )